ブログ

ブログ

カルシウムを流出させる原因の糖質について

前回の話では、足がつる原因としまして栄養面についてお話しいたしました。

その中でもカルシウムは筋肉のバランスを調整するミネラルでもありますので
欠乏いたしますと、足のつりはもちろんのこと肩こりなど筋肉の凝りが取れない原因ともなっています。

でしたらカルシウムをたくさん取ればいいのか?と言いますとあまりカルシウムばかり摂りすぎると
石がたまってしまうことがありますので、カルシウムを欠乏させないために注意点が必要です。

それは糖質などをあまり摂りすぎないことです。

caramel

人間の体は基本は弱アルカリ体質なのですが、カルシウムもアルカリ物質となります。
ですが、糖質は酸性の塊みたいなものなので、糖質を過剰に摂取しますと体が段々と
酸性体質になり、疲れが抜けにくくなったりいつもだるかったりなどの症状が出ます。

酸性体質となりますと、体は本来の弱アルカリ体質に戻そうとカルシウムを必要とするようになり、
足りないとなってきますと骨から削り取って補おうとします。
それが原因で、特に女性に多いのですが骨からカルシウムが流出しますと骨粗鬆症の原因ともなりますので
カルシウムを流出させないために糖質などの摂りすぎは注意しないといけません。

一日に摂取して処理できる糖質の量は体重×0.5グラムだと言われています。

mark_sugar cooking_sugar_stick

例えば、体重が60キロくらいの人ですと一日30グラムが限度となります。
これはティースプーンに7杯くらいと言われていますが、現在の食品は糖質がかなり含まれておりますし
清涼飲料にもかなりの糖質が含まれていることから、その飲料を一杯飲んだだけでかなりの糖質を
摂取したことになります。

最近、体の疲れが取れない、凝りが取れない、足がよくつるなどの症状がある方は
糖質の摂りすぎに注意してみてください。

足がつる原因としまして(その3)

前回までは足がつる原因と致しまして、水分不足、就寝中の足の冷えについて
お話しさせていただきました。

今回は足がつるもう一つの原因と致しまして、栄養素の欠乏についてお話ししたいと思います。

足がよくつる人に足りない栄養素と致しまして、ビタミン・ミネラルが足りなくなっている
ことも多いです。
では、どのような栄養素が足りていないのでしょうか?

まず一つ目はマグネシウムです。
マグネシウムは体内での酵素の働きをサポートする栄養素でタンパク質の合成や筋肉の収縮運動、
エネルギーの代謝などを整えるために働いています。
マグネシウムが欠乏しますと、筋肉の収縮運動がうまくいかないために足がつる原因ともなるのですが
サプリメントで補っても良いのですが、マグネシウムを多く含まれる食品はアーモンド、ひじきなどです。

nuts_almond

もう一つはカルシウムです。
カルシウムはよく知られているのが骨の成長に必要な栄養素だと知られていますが、その他としましては
精神を安定させたり、筋肉のバランスを調整する栄養素でもあります。
なので、カルシウムが欠乏しますといらいらしたり、足がつるなどの症状が出てしまうのです。
カルシウムを多く含む食品は、切り干し大根や小魚、牛乳などです。

food_kiriboshi_daikon

マグネシウムとカルシウムは摂取に当たり、拮抗作用がありますので配合のバランスも必要です。

そのバランスとはマグネシウム1に対して、カルシウムは2くらいの割合が適していると言われています。

あとの栄養としましてはビタミンB1、ビタミンEも必要となってきます。
ビタミンB1は豚肉、卵など、ビタミンEはナッツ類や煎茶の茶葉などがあります。

niku_buta

足がつることに限らず、必要な栄養素は健康な体を維持するためにも重要なものです。

そのために必要な栄養素を摂取できるバランスの良い食事を心がけましょう。

 

 

 

足がつる原因につきまして(その2)

前回は足がつる原因としまして、水分不足があることをお話ししました。

今回はまた別の原因につきましてお話ししたいと思います。

足がつるもう一つの原因は足の冷えも原因となります。
特に夜寝るときは暑くて、足を布団の外に出して寝ていても
夜中になり気温も下がってくると急激に腓腹筋が緊張して足がつるというものです。

足をつったときに揉み解しても、安静にしていても少しも足のつりが改善されない時があります。

そういう時は温かいお風呂に足湯の感じで膝下を温めていると痛みが治まってきます。

ofuro_hinoki

前回お話ししました水分不足とともに、足がつりやすい人は足を布団の外に出して寝ないように
気を付けることも大切ですが、つったときには温めるなどの処置をすると良いです。

足がつる原因につきまして(その1)

日中は暑く、夜になり蒸し暑い中寝ているとたまに起こる症状があります。
それが足のつりです。
正式名称は腓腹筋痙攣と言いますが、その痛みはかなりのものです。

腓腹筋

何故?寝ているときに足がつるのでしょう?

特に朝方の4時過ぎから6時くらいにかけて足がつってそれから痛くて眠れないという方が
多いのですが、その一つの原因としまして水分不足があります。

夜寝ているときは知らず知らずのうちに汗などで水分が失われていきます。
大体、コップ2杯分くらいの水分が失われているだろうと言われています。

特に要注意なのはお酒を飲んだ後の就寝です。
お酒を飲んで寝ると通常に比べて体の水分が失いやすい状態になるため、
寝る前には水分をコップ一杯分くらいしっかりとって寝ることが必要です。

drink_water_boy2

先日、私の父親も急激な朝方の足のつりで目が覚めて、大変な目にあいました。

くれぐれもこれからの季節、寝苦しい夜こそ足がつりやすい方は水分補給に気を付けてください。

膝の痛みにつきまして(その5)

前回まで4回に分けまして、膝の痛みの原因につきましてご紹介させていただきました。

もちろん、その4つの他に痛みの原因はありますが
当院では主にどこから痛みが起こっているのかを探しながら施術をさせていただいております。

また、膝の痛みでも特に左側に症状が偏る場合は胃の不調も考えられます。

胃の弛緩

胃は体の左側に位置しておりますので、甘いものの食べ過ぎなどで胃が弛緩して
臍から左右に分かれております腹部大動脈の左側を圧迫してしまいますと
極端に左側の血行不全が起こり、それにより左側に痛みが生じるパターンです。

左側の血行不良

膝の痛みのみならず、左側の坐骨神経痛、五十肩、肩こりなど
左側に症状が残る場合も胃の不調が原因のこともありますので
そういう方は、甘いものを食べすぎないように、特に食前に甘いものを食べますと
その時点で胃が弛緩して、更にそれから食事をされますと胃がずーっと左側に
垂れ下がって、左側の腹部大動脈をふさいでしまう形になるので
要注意です。

もしも甘いものを食べるのであれば、食後に食べられることをお勧めしております。

膝の痛みにつきまして(その4)

前回までに膝の痛みの原因につきまして、3つの要因についてお話をしてきました。

今回はその3つの要因(腰椎・膝関節・膝蓋骨)のいずれかに伴って引き起こす
膝痛の原因について説明させていただきます。

その原因となりますもので、これも膝に直接関連する部位なのですが
太ももやふくらはぎの筋肉の異常も膝周囲の痛みを引き起こすことがあります。

太ももでは内側の内側広筋、中心の大腿直筋、外側の外側広筋がありますし、
ふくらはぎではヒラメ筋、腓腹筋などの筋肉が固くなったりなど異常を起こすと
膝の痛みが起こることがよくあります。

IMG_1635 IMG_1636

その筋肉が異常を起こすと、押圧により圧痛が生じてきます。
当院では、そういった筋肉が原因の場合は、超音波など深部の筋肉を緩めることのできる
機械を使っての治療も行っております。

無理に深部を緩めるのではないので、筋肉組織のダメージもなく施術が出来ますので
膝の痛みで筋肉の固さが気になる方にはお勧めの施術となります。

膝の痛みにつきまして(その3)

前回は膝の痛みの原因について、膝関節自体の問題につきまして書きましたが、
今回も膝の痛みを引き起こす原因につきまして違った角度から見ていきたいと思います。

今回も膝関節に付随するところですが、もう一つの原因としまして
膝蓋骨(膝のお皿)が原因で膝が痛くなることもあります。

膝のお皿は本来は人体や筋肉に引っ張られて動くのですが、
膝蓋骨(膝のお皿)の動きが悪くなると膝蓋骨と大腿骨の関節の滑りが
スムーズにいかなくなって痛みが生じること
があるようです。

IMG_1620

一度、膝のお皿の動きを確認してみてください。
著しく動かなくなっている場合は、膝のお皿の動きが悪くて膝の痛みを引き起こしている場合も
ありますので、そういう時は当院では膝蓋骨の動きを付ける施術を行っています。

また、その膝のお皿の動きを付けることは自宅でもできますが、一度当院で動きのチェックを
していただくこともお勧めです。

 

膝の痛みにつきまして(その2)

先日は膝の痛みの原因につきまして、その1としまして腰椎が原因のことについて
説明させていただきました。

本日は膝の痛みについて、その2と致しまして別の視点から説明させていただきます。

先日は膝とは一見関係なさそうな腰椎が原因について触れさせていただきましたが
もちろん、膝関節が原因で膝痛が起こることも大きく関与しています。

膝関節

膝関節が原因として、まず挙げられますのが膝関節の上の大腿骨と膝関節下の脛骨のズレ
原因になるものがあります。
大腿骨と脛骨の骨の変形によるものや、骨の間の関節軟骨がすり減ることが原因で
炎症が起こり膝の痛みが起こってくるというものです。

特に関節軟骨がすり減ってくると関節内で炎症が起こるのでその炎症を鎮めるために
水がたまることもあります。

膝関節の炎症

それと、膝関節のクッションの役目を担っている軟骨組織の半月板が損傷したり、摩耗することでも
膝の痛みは発生することがあります。
半月板は体重の負荷が大きくかかるところで、スポーツなどで大きな負荷がかかりすぎたり、
膝を打ち付けるなどショックを吸収しきれないほどの負荷がかかることで半月板は欠けたり、断裂する
などして損傷しますので注意が必要です。

半月板損傷

膝の痛みで、特に膝関節が原因の場合は当院ではまず、骨盤の歪みを整えて体のバランスを整えて
一定箇所に負荷が来ることを改善し、それから膝関節の調整を行っています。

膝の曲げ伸ばしで痛みを感じる方は是非とも根本から改善することをお勧めいたします。

膝の痛みにつきまして(その1)

最近、膝の痛みで来院されます患者様が多くなりました。

膝の痛みが出ますと、整形外科を受診されてレントゲンなどを撮影してもらい
膝関節の損傷がないかどうか?診断してもらいますが、それでも骨に異常がなかった場合
その他の原因として何がありますでしょうか?

kansetsutsuu_hiza

本日から数回に分けまして、膝の痛みの原因について考えてみたいと思います。

膝痛の痛みとしまして、まず意外と見失いがちの箇所があるのですが、
そのうちの一つが腰椎が原因のことがあります。

IMG_1609

腰部の椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症などの症状が出ると、腰椎を通る神経や脊髄が圧迫されて
坐骨神経痛が生じることがあります。その痛みが膝の痛みとして感じるケースがあるようです。
それと、腰椎に骨盤のゆがみにより負担がかかると異常を感じて膝の痛みとして起こることもあります。

いくら膝を施術しても、根本からなかなか改善しにくい事例があったのですが、
そんな時、着目点を膝関節ではなく腰椎の負担を取るような施術にシフトしましたら
いとも簡単に膝の痛みが改善されましたケースが最近ありました。

当院では、膝痛であっても必ず骨盤のゆがみを検査して、
それが骨盤だけの問題なのか?それとも腰椎まで異常を起こして負担を強いられている状態なのか?
しっかり検査をして施術をさせていただいております。

もしも、膝の治療をされていて、イマイチしっくりこない場合は一度、腰椎の負担を取り除く
施術をお勧めいたします。

筋肉の凝り、疲れを放置すると・・・

暑くなったり寒くなったりの繰り返しで体調を崩される方が多くなっています。

朝は寒かったのに昼は暑く、そして夜はまた寒くなりの繰り返しで
体調管理が難しいですが、そんな時こそ日々の体調管理の大切さを感じます。

さて、肩こり、腰痛などの症状では骨の歪みが原因のものから、筋肉が緊張しての
ものまで様々ありますが、本日は筋肉の凝りについてお話ししたいと思います。

筋肉が凝り固まってきますと、その中にある神経、血管が圧迫を受けまして
痛み、凝り感を感じるようになります。

tn_201202081050
特に血管が圧迫されますと血行が悪くなり、血液の循環が悪くなります。
血液の役割として、主なものに細胞の再生に必要な栄養素、免疫物質、ホルモンの運搬、
更に酸素や二酸化炭素なども各細胞に届ける役割がありますが、もう一つ大事な役割として
老廃物を洗い流し、外に排出させることがあります。

老廃物が血管が詰まることにより、筋肉中に滞留するようになりますと
その老廃物は発痛物質に変わり、凝りが痛みに変わります。
更にその老廃物から活性酸素がわいてきて、その活性酸素が細胞の遺伝子情報を傷つけて
やがては細胞の分裂異常を起こし癌の原因にもなるようです。

body_kekkan_dorodoro

ですから、凝りを放置しておいて体内に老廃物を滞留させることがいずれかは大きな健康被害にも
つながることが多いので、日ごろから疲れが取れない、凝りを感じていると思われる方は
是非とも、体の根本から整える整体などボディケアーを受けることをお勧めします。

意外と筋肉の凝りを見過ごされる方が多いので、今回は凝りの怖さについて触れてみました。

 

ページの先頭へ戻る
ご予約・お問い合わせ
Copyright© 2014 整体 樹 All Rights Reserved.