初めての方へ

骨盤の歪みと仙腸関節

当院の骨盤矯正は、主に仙腸関節に着目して施術を行っております。
仙腸関節とは骨盤の骨である仙骨(せんこつ)と腸骨(ちょうこつ)の間にある関節です。
仙腸関節は筋肉の支配を受けていない唯一の関節で、周囲の骨間靭帯(じんたい)により強固に連結され、主に骨盤の体重受け部となっています。

筋肉の支配を受けていないと言うことは、仙腸関節が骨間靭帯の損傷により離開(※1)してしまった場合は自分で修復する事は出来ませんので、しっかりとした骨盤矯正が必要です。

※1:仙骨と腸骨がはがれてしまうこと

<骨盤の歪みが与える影響>
骨盤の歪みは、そのほとんどが長年の癖や生活習慣からきていると言われています。
骨盤の歪みには「開いている」「捻れている」「傾いている」といったタイプがあり、どのタイプかは人それぞれですが、複数の歪みが組み合わさって複雑に歪んでいる場合もあります。

また、仙腸関節が離開して骨盤が歪んでくると、真っ直ぐに立つことが出来なくなり、姿勢は左右に傾いてきます。そうなりますと、体はそれ以上左右に傾くのを防ぐために、上半身の筋肉を自ら固めることで支えを作って守ろうとします。

その結果、上半身の筋肉の中にある神経、血管が圧迫を受ける形となり、首の痛み、肩コリ、背中の痛み、腕のシビレなどの症状の原因になってしまいます。

そのような症状が出てしまった場合、上半身の筋肉が固まっている状態を揉みほぐせば、その場は楽になるかもしれません。しかし、体の傾きを支えるために上半身の筋肉を固めている事を考えると、揉みほぐしてしまうのは、体がそれ以上傾かないために作った支えを壊してしまう形になってしまいますので、すぐにまた体としては傾く状態から支えを作って守ろうとして、再び上半身の筋肉を固めてしまいます。

つまり、固くなった筋肉を揉みほぐすだけでは上半身の症状は再発して、いつまでたっても辛い症状から抜け出せない状態になるということです。

首の痛み、肩コリ、背中の痛み、腕のシビレなど上半身の症状の再発を防ぐためにも、根本から改善する目的で骨盤矯正は必ず必要な施術だと考えております。

身体に与える影響
肩こり、腰痛、神経痛、関節痛、頭痛、めまい、生理痛、不妊症、睡眠障害、自律神経失調症、更年期障害、顔が歪む、下半身太り、便秘、むくみ、冷え性、O脚、X脚、反り腰、猫背など

当院では、骨盤の状況に合わせてしっかりとした骨盤矯正を行っています。

一覧に戻る

ページの先頭へ戻る
ご予約・お問い合わせ
Copyright© 2014 整体 樹 All Rights Reserved.