初めての方へ

好転反応について

「好転反応(こうてんはんのう)」とは、その名の通り「体が良い状態に変わる過程で現れる反応」のことです。
東洋医学・漢方では「瞑眩(めいげん)」と呼ばれる状態で、血流が良くなり体が正常な状態になることで体内に溜まっていた毒素が一気に排出されるために起こります。これは、整体・整骨なども同じで、施術を受けたあと一時的な体の不調が起こることがあるのです。

好転反応には次の4種類があります。

1)「弛緩反応(しかんはんのう)」
これは、新しい刺激に体が反応して起こります。「だるい(倦怠感)」「眠い」などの症状が一般的で、大抵は数日で治ります。

2)「過敏反応」
下痢、痛み、腫れなどが主な症状です。元の体の状態が悪ければ悪いほど、この反応は強く出ることがあります。
強く反応が出た箇所は、体の中で最も傷んでいた箇所と言えるでしょう。

3)「排泄反応」
体の自然治癒力が正常に働き始めることで、蓄積されていた老廃物が排出され始めます。
そのため、吹き出もの、目ヤニ、鼻血、排泄物の変化などの症状が現れます。

4)「回復反応」
今まで悪かった血行が巡り始めると起こる症状で、主に「だるさ(倦怠感)」などが一般的です。

もちろん、必ずしもこの4種類すべてが症状として感じるかといえば、そうでもありません。
実際、好転反応は、起こっていてもそれを体で感じない人はたくさんいます。要するに、好転反応を感じやすい人というのは、それだけ「回復力(自己治癒力)が低下している」ということなのです。
ですが、好転反応は人により、初めに強く出る傾向がありますが、繰り返すたびに弱くなっていきます。
好転反応とは、体が本来の正常な状態に戻る過程で出る「自然の調整作用」ですから、これを乗り切ると前よりずっと体の状態が良くなっていることでしょう。

一覧に戻る

ページの先頭へ戻る
ご予約・お問い合わせ
Copyright© 2014 整体 樹 All Rights Reserved.