施術について

通院頻度

急性疾患か慢性疾患かの違いや症状の違い、年齢や生活習慣にもよりますが、その患者様が本来持っている自然治癒力の違いで、1~3回で完治する人もいれば、数カ月以上かかる場合もあります。治療を継続することで、鈍っていた自然治癒力が高まり、症状が徐々に改善されていきます。
通院の目安としては、症状があるうちは1週間に1~2回、症状の改善によりその後2週に1回、3週に1回、1カ月に一回と空けていくと、症状が早期に改善していきます。

<Q:症状がなくなったら通わなくてもいいですか?>
症状がなくなっても、悪い習慣を続ければ、また症状は出てくると思われます。再発防止や健康維持のため、1カ月に1回の定期的なメンテナンスを目的とした通院をおすすめします。
痛みの我慢は悪性の慢性化の元ですので、我慢せずに早めにご来院ください。

<Q:定期的に通わないとだめですか?>
症状にもよりますが、1回整体を受けてその後だいぶ日にちを空けて、また痛くなってから整体を受けてでは、慢性疾患の場合は改善しづらくなります。これは、太い針金も何度も曲げることでポキッと折れるように、症状を何度も再発させることは体にとって、より深いダメージ(傷)を与える結果となります。

<Q:慢性化を防止するにはどうしたらいいですか?>
特にぎっくり腰や寝違いなどの急性疾患は一度で治ればよいのですが、もし痛みが少しでも残っているようであれば、日にちを空けずに治療を続けると治りが早く慢性になりません。

当院へ通院されている患者様で、治療の改善効果が高い方は、最初に施術間隔をあまり空けずに通ってもらい、症状の改善とともに徐々に間隔を空けていき、その後のメンテナンスのために、1カ月に1回のペースで通っていただいている方です。

一覧に戻る

ページの先頭へ戻る
ご予約・お問い合わせ
Copyright© 2014 整体 樹 All Rights Reserved.